青汁を飲んではいけない人とは? - おいしい青汁比較ランキング

青汁を飲んではいけない人とは?

 おいしい青汁比較ランキング > 青汁Q&A

青汁を飲んではいけない人

青汁はコップ一杯で手軽に栄養を補給できる老若男女、誰でも飲める健康飲料。

健康や美容に効果が期待できる青汁ですが、飲んではいけない人もいますので、自己判断で飲み始めることは避けましょう。

これは、青汁に含まれる栄養素が、特定の病気や薬と相性が悪いからなんです。

特定の病気や薬とは?初める前にしっかり知っておきましょう。

腎臓機能が低下している人(人工透析)

腎臓の機能が低下している人はカリウムを制限しなければなりません。

腎臓の機能が低下するとカリウムを排泄できなくなり、体内に蓄積され、高カリウム血症になってしまうのです。

青汁にもカリウムが豊富に含まれるためです。

ワーファリンを服用している人

薬の画像

心臓や血管の病気治療で用いられる薬に「ワーファリン(ワルファリン)」があります。

この薬は血液の流れを良くして、血管内で血液が固まるのを防ぐ作用があります。

このワーファリンとは反対の働きをするのが、青汁に含まれるビタミンKです。

ビタミンKは止血のビタミンとも呼ばれ、出血した際の血を止める役割を果しています。

ワーファリンは血液が固まるのを抑制する薬なので、2つを一緒に飲んでしまうと、ワーファリンの作用が弱くなってしまいます。

甲状腺機能に異常のある人

ケールに含まれるイソチオシアネート類という成分が、甲状腺機能に影響を与えるといわれています。

イソチオシアネートが甲状腺ホルモンの合成を阻害する為です。

食物アレルギーのある人

アレルギー

青汁に限らず、食物アレルギーのある人はアレルギーの原因になる食品を避けなければいけません。

商品情報をチェックして、アレルギーの原因になる食品が含まれていないことを確認しましょう。

C型慢性肝炎の人

鉄分を1日6㎎以下に抑えなければいけません。

健康的な肝臓の人に比べ、C型慢性肝炎の人は肝臓に鉄が蓄積されやすくなっています。

肝臓内に鉄が溜まると活性酸素の働きが活発になり、症状の悪化、肝臓の炎症、肝硬変や肝臓がんを引き起こしやすくなります。

青汁にも鉄分が含まれた製品があります。


上記の症状や体質に当てはまる方は、病気や症状を悪化させないためにも、飲んで良いかどうかを一度、医師または薬剤師に相談してみましょう。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 青汁を飲んではいけない人とは?

    青汁はコップ一杯で手軽に栄養を補給できる老若男女、誰でも飲める健康飲料。 健康や美容に効果が期待できる青汁ですが、飲んではいけない人もいますので、自己判断で飲み始めることは避けましょう。 これは、青汁に含まれる栄養素が、...


  • 妊娠中に青汁を飲んでも大丈夫?

    妊婦さんに青汁がおすすめな理由とは? 妊娠中は特に口に入れるものに慎重になるお母さんが多いと思います。 自分の身体だけではなく、赤ちゃんへの影響が心配されるからです。 その場合、健康に良いと言われている青汁に対しても少し飲...